本文へスキップ

キャッシング審査甘い

口コミで人気が高い審査の甘いキャッシング

確実にキャッシング審査を通過するには、審査基準の緩いローン会社を選べば審査に通る確率が高くなりますが、借りれる範囲の中で最高の条件の業者を選択するのが重要です。

審査が甘い」との表現を使って、アコムやプロミスといった大手業者の宣伝をしているサイトがありますが、基本的に大手は優良客を融資のターゲットにしていますので、審査は甘くありません。むしろ厳しいといったほうがいいでしょう。たしかに借金もないサラリーマンならば簡単に借りれるかもしれませんが、他社から複数の借金をしている人には場違いな業者といっても過言ではないでしょう。

大手業者中堅業者審査甘い金融業者

同じキャッシングをするなら条件の良い大手銀行カードローンや消費者金融を利用したいものですが、すべての人が審査に通るわけではありません。現在の借金がゼロで尚且つ安定した収入の見込めるサラリーマンであれば問題なく借入審査を通過しますが、他社からの借入があったり仕事がパートやアルバイトの方は難しくなってきます。

借入審査に通る自信がない方は、審査基準の厳しい大手は回避して、中小のキャッシング会社を選択すべきです。そうすることで審査に通る確率が格段にアップします。自分の身の丈に合った業者を選択することが重要です。

借入審査が通らない理由

審査が通らない理由で一番多いのが多重債務問題です。大手の消費者金融は基本的に借入件数が3件以上の多重債務者への融資は敬遠する傾向にあります。大手は優良顧客のみを相手にしていることから、借入件数3件以上の方や借入総額が一年の所得の三分の一を超えるような方は審査で落とされてしまいます。そういった方は無理をして大手で借りようとせずに、中小や小規模の金融会社を選ぶべきです。

借入件数借入総額現在の所得ブラックリスト

いくら審査基準が緩いといっても、絶対審査に通らない人もいます。そういった人は、どの金融業者をあたってみたところで間違いなく審査で却下されることになります。絶対審査に通らない項目を紹介します。

  • 個人信用情報機関の自己情報(ブラックリスト)に登録されている
  • 多重債務による債務超過状態
  • 他の貸金業者への支払いが遅延している
  • 無職の状態

上記の事項に合致する人は、どのキャッシング会社をあたってみても審査で落とされてしまいます。信用度がゼロですので、信用が回復するまで待つしか方法はありません。

申し込み方法

キャッシングの申し込みをするには、4つの方法が考えられます。一つは今現在一番主流となっているのがWEB申し込みです。スマホやパソコンを使ってどこからでも申し込みが出来ることから、現代社会において深く浸透しています。ただ、Web申し込みについては大手カードローンや一部の中堅業者は対応しているものの、大部分の中小以下の業者は対応していません。

web申し込み店舗申し込み郵送申し込み無人契約機

WEB申し込み
スマホを使って24時間どこからでも申し込みが可能。現在一番主流となっている申し込み方法で、大手と一部中堅業者が採用している。
利 点・・・自宅から簡単に申し込める、審査で落とされても精神的なダメージは少ない
欠 点・・・機械的なポイント審査なので本人の人間性などは考慮されない

 

店舗申し込み
WEB対応をしていない中堅業者は直接店舗へ出向いての審査となります。担当の社員と面談方式で審査を進めていきますが、身だしなみを整えてから出向きましょう。
利 点・・・直接人間対人間の審査なので、人間性や人格といった要素も考慮される。
欠 点・・・人間性が悪い人には不利、審査で落とされた際のダメージが大きい。

 

郵送申し込み
申込書を取り寄せ、記載をした上で郵送で申し込みをする方法。形式的にはWEB申し込みと同じだが、郵送等に時間がかかるのが欠点・
利 点・・・直接面談をする窓口審査が苦手な人には便利、審査で落とされてもダメージは少ない
欠 点・・・申込書の取り寄せや、送付に時間がかかる。

 

自動契約機
無人の個室で契約できるのが自動契約機で各主要都市に設置してある。かつては大人気で顧客獲得に貢献したものの、WEB申し込みの登場になってその数は減少している。
利 点・・・窓口審査で人と面談するのが嫌な人には無人契約機は魅力
欠 点・・・無人といっても実際はモニタで店舗から見張られている

 

審査で気を付けるポイント

貸金業者からキャッシングをするということは、少しでも高い金利で貸したい金融業者と、少しでも低い金利で借りたい消費者の、互いに利益相反する関係といえるでしょう。そして貸金業者は顧客にお金を貸して金利を得ることで営業利益を出している会社であり、逆に言えばお金を貸さない限りは一円たりとも利益を出せないということです。

少しでも有利な条件で貸したいと考える貸金業者に対して、キャッシングをする際に注意するポイントを何点かあげてみます。

  • 最大融資枠・・融資枠はどの業者も50万円〜500万円といった広範囲に記載されている場合が多く、いきなり最大限度額が借りれることはない。最初に借りれるのは50万円と考えておくこと。
  • 金利・・・・・金利も3.0%〜18.0%といったように広範囲で記載されている場合が多く、最初から3.0%で借りれる人はまずいない。この場合も18.0%と考えたほうが間違いはない。
  • 支払い方法・・カードローンはリボルビング払いを採用している業者が多く、リボルビング払いは毎月の支払いが少ないものの長期の支払いになることから金利合計が多くなる。
  • 審査基準・・・審査は甘いほうがいいに越したことはないものの、甘い業者ほど会社規模も小さくなってくる。小規模業者は金利も高く取り立ても甘くないので注意が必要。

0必ず借入先が見つかる金融情報
キャッシング一覧

0

 

金銭消費貸借契約

お金を他人に貸して利息を受け取るには、金銭消費貸借契約を締結しなくてはなりません。金銭消費賃借契約とは、貸す側が将来の弁済を約束し、貸主が借主へ金銭を交付した段階で有効に成立します。つまり契約を締結した段階で、貸主は借主から金利を受け取ることが可能ということです。

但し、現在は総量規制の法改正により、上限金利は20.0%を決められています。これ以上の金利を取る行為は違法ということです。一昔前は大手消費者金融が28%もの高金利を設定していたのですが、今考えるとボロ儲けしていたと思います。

金融業者への支払いが苦しくなったら

借入件数が増えてくると金利も増えて毎月の支払いに困窮してきます。そうなってくると、収入では足りなくなってしまい、新たなカードローンで融資を受けて返済に充当する事態に発展してしまいます。こういった行為を自転車操業を言いますが、もはやここまでくると、借金の完済は不可能と考えてよいでしょう。

借金が増えることはあっても、減ることはまず有り得ないからです。どんなに生活費を切り詰めても、利息を支払うのがやっとのような生活は、精神的に疲れてしまいますし、凡そ半年も持たないでしょう。

こういった事態に陥らないためにも、日々の生活を切り詰めて一円でも元金を減らす努力が必要ですし、おまとめローンや借り換え融資といった総量規制対象外ローンを活用して、一本でも借入件数を減らすことが重要です。そして、どうしても支払いが困難になった場合、闇金融などに走らず、債務整理をして楽になりましょう。

司法書士や弁護士といった法律の専門家に相談し、自己破産をすればいとも簡単に借金がクリアとなります。以後は、普通の生活が営めるのです。

口コミで人気の金融サイト

当サイトの概要